ホーム > ピラティスとは

ピラティスとは

ピラティスとは

ピラティスは、1920年代にドイツ人のJoseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)氏が、負傷した兵士のリハビリトレーニングのために、寝たきりで動くことも大変な身体の人でも、筋力を強化できるエクササイズを考案したことがはじまりと言われています。

 

幼少期、リウマチ熱、くる病、喘息を患い病弱だった彼は、病気を克服するためにボクシングや体操、ヨガ、スキー、ダイビングなど様々なスポーツに取り組み、強靭な肉体を手に入れたといいます。彼のその経験をもとに開発されたピラティスは、第一次世界大戦中に兵士のリハビリとして用いられ、ピラティスを実践していた兵士たちは、世界最大のパンデミックとよばれる「スペイン風邪」が流行した当時、誰一人スペイン風邪で命を落とさなかったと言われています。

 

その後、ピラティス氏は1926年に渡米し、ニューヨークにピラティスを広めるためのスタジオを開設し、ピラティスのメソッドである筋肉と精神をコントロールする学問「コントロロジー」と名付け、ビジネスマンや医者、音楽家など健康に関心の高い人を中心に指導していきます。また、アメリカンバレエやモダンダンスのダンサーや振付師の多くがピラティス氏のもとで学んでおり、コントロロジーは口コミによって多くのダンサー達の間で急速に広まっていきました。

 

その結果、ピラティスはハリウッドや西海岸を中心としてアメリカ全土に普及していき、今では、リハビリだけでなく体づくりを目的としたアメリカの人気フィットネスの一つとなりました。

​ピラティスの6つの要素

ピラティスには6つの基本となる原則・重要ポイントがあり、エクササイズを行うにあたりその質を決定する大きな要素とされ、このポイントを忠実に守ることによりピラティス氏が主張した「Body,Mind,Spiritの融合」を可能にすると言われています。

加古川 ヨガ ヨガスタジオ
​集中力
​Concentration

何をするにも基本の基本です。インストラクターの指示、説明、注意だけでなく、自分の身体の状態や身体の中で起きていることに集中することが大きなポイントです。

加古川 ヨガ
​コントロール
​Control

無駄な力を入れすぎる、やりすぎる。釣り合いの取れていない力の入れ方、やり方は怪我の原因や、非効率に繋がります。更に動きにおける身体全体のコーディネーションは最も自然で美しい動きにすることが必要です。

加古川 ヨガ ヨガスタジオ
​呼吸
​Breathing

ピラティス氏は自身の著書で呼吸の大切さを主張しています。正しい呼吸法は心肺機能を高め、血液循環をはじめ体内の循環機能を高め、より健康な身体へ導きます。

加古川 ヨガ
​滑らかさ
​Fluldity

ジムの筋トレ、軍隊の動きとは異なり、呼吸を十分に使い、滑らかで、ダイナミックな動きを目指します。柔軟で、自然な優雅さと流動性に富んだ、均整の取れた動きを目指します。また動作一つ一つを連動させ動き全体を滑らかなものにします。

加古川 ヨガ ヨガスタジオ
​中心
​Core

センター・コアは身体の中心である腹部、骨盤にかけての部分を指します。ピラティス氏はこれを”powerhouse(パワーハウス)”と名付け、正しい姿勢や動きには必要不可欠なものと考えました。

加古川 ヨガ
​正確性
​Precision

静かな心正確なアライメント、筋肉の使い方、正確に動きを行うことが身体への負担も減らし、怪我予防や復帰にも効果を発揮し、身体運動力学的にもエクササイズ効果を高めることとなります。ピラティスは、効率性を無視した過剰な反復や動きは意味のないものであり、さらには筋肉や身体の改善を妨げるものとし、「量より質」を重要視します。

​ピラティスとヨガの違い

​ピラティスは、ヨガの一つの流派と言われることもあります。それは、ピラティスの考案者であるジョセフ・ピラティス氏は、軟弱であった身体を改善するために取り組んだ様々なトレーニングを基にピラティス・メソッドを考案したのですが、その中のトレーニングの一つがヨガだったと言われているためです。

​【成り立ちと目的】

​ピラティスが100年程前に、負傷した兵士のためのリハビリトレーニングとして考案されたのに対し、ヨガの起源は約4500年前、インダス文明の時代に遡ります。ヨガは、インド思想に基づいた修行方法として始まったとされています。ピラティスが、身体の本来持つ機能を最大限に引き出すことを目的にしている一方で、ヨガで重視されるのは、精神の安定です。ヨガと聞くと、身体を大きくストレッチするエクササイズ色の強い動きをする姿が思い浮かぶと思いますが、古典的なヨガでは「瞑想」を重視し、自身の心と向き合うことを重視して行っていきます。

加古川 ヨガ

【呼吸法と動き】

​ピラティスは、胸式呼吸を用いて動くことで交感神経を刺激し、全身の細胞を活性化、エネルギッシュな状態を作ります。一方ヨガでは、腹式呼吸を用いて副交感神経を刺激し、精神の平穏、心のリラクゼーションを図る効果が期待されています。

また、ピラティスの動きは「ムーブメント」、つまり、一ヶ所に留まることなく流れるように動くことが多い一方、ヨガの動きは、「ポーズ(アーサナ)」に集中するという違いがあり、一つ一つのアーサナに向かって少しずつ身体を組み立てていく、という特徴があります。この違いは、実際に両方のレッスンを体験していただければ、すぐにわかっていただけると思います。

加古川 ヨガ

こんな人におすすめ!!

加古川 ヨガ

​・運動経験や運動習慣が無いけど、健康でいたい方

・腰痛、花粉症、老眼、糖尿病等を改善したい方

・しなやかで美しいボディラインを手に入れたい方

・「マインドフルネス」を取り入れ、事業を成功したい方

・気分の浮き沈みを改善し、いつも前向きでいたい方

​・健康で豊かな人生を歩みたい方

MiCrewではベーシックなヨガからパワフルに動くヨガ、関西でも珍しいポップピラティス、ズンバなどさまざまなレッスンがあります。またヨガやピラティスに必要なヨガマットもスタジオに用意がありますので、運動着だけお持ちいただければ気軽に始められます。

この機会にぜひ一度スタジオに足を運んで、新しい自分を見つけてみてはいかがでしょうか?